シナモン・ロールに負けた!

リージェント・ストリートに某仕事で行ったときに見つけたカフェ、その名も『ノルディック・ベイカリー』。
友達と一緒に入ったらいい感じだったんで、再度訪問。
ノルディックだからペイストリー類が美味しいに違いないと、まずは見慣れぬカレリアン・パイというものを注文してみました。
甘くないタイプで、お米とじゃがいもの二種類。お米の方を頼んでみました。それに,卵バター(ゆで卵を細かくしてものにバターを混ぜた?)ものを載っけるかどうか聞かれたので、もちろん「はい」。
甘くないタルト皮におかゆが載って更にそこにバターとゆで卵が載った味でした。(そのままじゃん)
すごくマズいわけではないけれど,なんかビミョーな味。今度はジャガイモ・バージョンに挑戦してみたい。(懲りない) 
まだ口寂しかったので,カウンターで見た「シナモン・ロール」も注文しようと再度カウンターに行ったら、シナモン・ロールのトレイが消えていた。
「ああ、売り切れたのか?」とがっかりしかかったところに、「もうすぐ来るから」と言われ、「もしや、焼きたてが来るのか??」と大喜びで注文して待機。
「ほんとーに熱いから気をつけてね!!」とおねいさんが持って来てくれたのがこれ。でかいぞ。
e0150991_1133012.jpg


本当に熱々だった。
そして。むちゃくちゃ甘い。何かの拷問のようです。

シナモン・ロールってこんなに甘いんですか?
クロワッサンに毛の生えた程度の甘さだと思ってました。
超甘党の人にお勧めです。
私はもういいです。
[PR]

by kubokiriko | 2012-07-19 15:50 | 仕事情報  

<< 訂正 『ロンドン丼』近日発売! >>