<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

タイムエレベーター

 翌日、朝食のあと、息子の2番めのリクエスト「タイムエレベーター」に行くことに決めました。
 なんでも、古代ローマにタイムトラベルする、という設定。
なので、これを見てから遺跡周りなどすると分かりやすいのではないかという算段です。
どの国の言葉(ヨーロッパの言語が図ら〜と並び、日本語はありませんでした)にするか選び、そのグループで一つの区画に座り、ヘッドホーンをつけます。
シートにバーがついていてジェットコースターに乗るときのようにバーを膝に向けておろします。
そして映画が始まり、古代のローマに向けて出発〜となるとシートが前後左右に激しく動き、本当にジェットコースターに乗っているようです。
私は乗り物に弱く、直ぐ車酔いします。(飛行機酔いしたことも有り)
なので、シーザーが暗殺された辺りでもう気分はげろげろ。
ルネッサンスで吐きそうになるのをぐっとこらえ、そこから現代に至るまでは目とつぶっていました。(体感刺激は減らせないので、目からくる刺激を少しでも減らそうという意図)
終わった途端、席から離れて床にしゃがみこみました。
「気持ち悪かったら手を挙げて教えてって係のお兄さん言ったじゃない」と息子になじられましたが、子供だったらともかく大人の私が,というプライドで出来なかったのでした。
しかも、お兄さん、どこにいるのか見えなかったし。
三半規管の弱い人にはお勧めしません。
でも気持ち悪くなったのは私だけのようでした。
 そのあと、ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂(ムッソリーニがここのテラスから演説したので有名)の横に回り、カンピドリオ広場に上がり、そこからさらに階段を上がると眺めの良いテラスがあり、カフェテリアもあります。
階段を上がり、灰色の建物の中を通り抜けてそこに到達するので、カンピドリオ広場から見ると、テラスがあることはわかりません。
私の持っている日本のガイドブック数冊にもそのテラスのことは書いてないのですが、息子の「Rome for kids」という本に「秘密の通路」と書かれてありましたのでなるほど〜と思いました。
カフェテリアでお昼を食べましたが、ガラスの屋根と壁に囲まれているので温室のようです。
夏はものすごく暑くなりそうです。
そのあと、フォロ・ロマーノとコロシアムに行きましたが、コロシアム、現在のスタジアムと殆ど同じ作りなのがすごいです。
 夜はil convivoというちょっとゴージャスなレストランへ。(写真を取ったのですが一皿がでかく、自分のテーブルからだとフレームに入らない!!)
日本人らしき男性(30〜40代)が、一人で食事をしていたのが印象的でした。
私が一人で行くとしたら定食屋とかラーメン屋かなあ。
私だったら一人でコース料理なんて間が持たない….と勝手に気にしていたが、あとで息子が「僕あの人と鏡越しに手を振ったりして遊んでたんだよ〜」と報告。
そんなコミュニケーションしてたとは全く気がつかなかった…..

e0150991_6243081.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2009-02-26 06:28 | 旅行  

ローマ到着

イギリスの学校は先週ハーフタイムというお休みでした。なので、私も夫もお休みを取って久々のローマに行って来た次第です。
前回は9年前で、息子がよちよち歩きだったので、バギーを持って行き、階段が辛かった思い出がありますが、今回は彼は自力で歩けるし荷物も持てるという格段の進歩がある上、学校で古代ローマの勉強もしているから、食べ物のおいしいイタリアは息子にとって楽しい旅になることを大いに期待していたのですが、子供用のローマの情報をインターネットで調べてプリントアウトした物を息子に渡し、ローマでやりたいことを選ばせたら、ルナパークという遊園地が第一位に。なんでやねん!
息子よ!!ローマの遺跡とか、ルネッサンスの美術とかは??町中にそういうものがわさわさあるのよ、ここは!!
「いかねーよ、そんなとこ!なんでローマにわざわざ来ていてそんなとこに行かなくてはいけないのっっ」と怒鳴りそうになる私を制し、夫が「みんなで候補を挙げて各自点数をつけて決めよう」と民主主義的解決を提唱。もちろん、私も夫も積極的にローマで遊園地に行きたいわけではないのでルナパークは低得点を獲得。


[PR]

by kubokiriko | 2009-02-26 05:31 | 旅行  

ローマの休日1

を書こうと思ったのですが、ローマから帰って来たら友人の細川周平氏からの、彼が読売文学賞を受賞したというメールをもらいました。
めでたい!!

http://info.yomiuri.co.jp/prize/bungaku/60th/hosokawa.htm
emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif
[PR]

by kubokiriko | 2009-02-25 02:14 | 旅行  

SL

うちの近所にBR(ブリティッシュレイル-地下鉄ではなく地上を走る列車)の駅があるのですが、先日の朝、その線に蒸気機関車が走っているのを見かけました。
なんでだ???
とびっくりしましたが、なんだかとってもいい物を見た気持ちになりました。
通常、もちろん、蒸気機関車は走っていない線路です。
どこかでイベントでもあったのかもしれません。
何しろ、元祖「鉄男」の国ですから。
[PR]

by kubokiriko | 2009-02-12 07:37  

楽しい週末

ギリギリ仕事が金曜日に終わり、土曜日はバービカンにサイモン・マクバーニー演出、世田谷パブリックシアターによる「春琴」を見ました。主演は深津絵里さんです。「陰影礼賛」と組み合わされていて、闇と光、現代と過去の日本のコントラストが、いろいろな角度で強調されていておもしろかったです。
満員で、お客さんも楽しんでいました。
実は私、「春琴抄」は未読(話は知っていますが)なのですが、ものすごくエロい話だなあとつくづく思いました。
是非、原作を読まねば。
この観劇は夫の女友達のご招待でした。
観劇の前に食事も一緒に食べてそれもごちそうになりました。
夫の誕生日祝いということですが、私も誘ってもらって、太っ腹なお友達です。emoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif

翌日、日曜日は外に朝ご飯を食べに行き、夕方からクエンティン・ブレイクのトークを聞きに行きました。
クエンティン・ブレイクは英国の絵本の挿絵画家として多分一番有名な人ではないかと思います。
300以上の本に挿絵をつけたそうですが、自分でも絵本を出していて、ロアルド・ダールの挿絵でも有名です。
勢いのある踊るような線で、下描きをしているのだろうか??と思っていたら、トークの中でライト・ボックスを使って、自分のいろいろなスケッチに紙を何枚か重ねて、はっきり見えないようにして、あたりにして描くようです。
ご存じない方のためにアマゾンの彼の作品のところをペーストしておきますので、興味があったらご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/本/s?ie=UTF8&rh=n%3A465610%2Cp_27%3Aクェンティン・ブレイク&field-author=クェンティン・ブレイク&page=1
[PR]

by kubokiriko | 2009-02-09 20:56  

マンガ

最近、息子が私の漫画を読んでいるらしい。
らしい、というのは読んでいる姿は見たことが無いものの、トイレに置いてある私のマンガが本棚に横に入っていたり、床に置いてあったりするから、あきらかに息子の仕業とわかるわけである。
私の子供が私の作品を読んでくれるのは大変うれしいのだが.....読んだらちゃんと、もどしなさいっ!!!と思う。
[PR]

by kubokiriko | 2009-02-07 07:37  

ミルク

先日のロンドンの大雪の影響か、昨日コーナーショップにミルクを買いに行ったら、いつも買うセミ・スキムド・ミルクがなかった。
スキムド・ミルクかフル・ミルクを買うか迷って、結局小さめのスキムド・ミルクにしたのだが、まずい。

コーヒーに入れても、紅茶に入れても、白く薄まっただけで、全然ミルキーじゃない。
健康より、味だ、と思った。emoticon-0162-coffee.gifemoticon-0162-coffee.gif
[PR]

by kubokiriko | 2009-02-05 02:04 | 食べ物関係