<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

おニュ〜

コンタクトを新しくしました。
今まで、よく左と右を間違えていて、検眼に行くまで気がつかなかったりしていました。
「右のレンズには端に点がついてますよ」と教えていただきましたが、コンタクトを外した目で見えないのはともかく、虫眼鏡やループで見てもわかりませんでした。(顕微鏡は試しませんでしたが)
なので、「もっと右と左をわかるようになんとか〜」とお願いし、右と左のレンズの色を変えてもらうことにしました。
しかし、「色を変えてもらっても、そもそもそれを間違えたら?」という不安がモロ顔に出たらしく、お店の方は「大丈夫です。右のレンズはGreenでRが入ってますね?これがRightのRと覚えてください。左のレンスはBlueですからLeftのLと覚えてください。」と力強くおっしゃいました。
なるほど〜。
はっ、しかし、私は日本に住んでいて、義母に手紙を出したとき、Londonと書くべきところをRondonと書いた恥ずべき過去があります。(義母はそれを「かわい〜」と非常に喜び、しばらく壁に貼っておいたそうです。く〜)
本当に大丈夫でしょうか?
悩みはつきません......
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-30 06:51  

酒乱目撃

アシスタント石渡の酒乱姿を目撃したことがあります。
本人の言う通り、とある人に向かって暴言をはいていました。
が、その、とある人がものすごく感じの悪い人だったので、あえて石渡の暴言を止めませんでした。
本人、酔いが冷めたあとにそのことを聞き、「どうしよ〜」とびびっていましたが、いいの。
暴言を吐かれて当然よ〜、という人でしたので。
一番ひどいのは私か。
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-22 22:13  

さよなら、おきに

お気に入りのスウ●ッチ、電池を替え、ベルトも同じスペアを幾つか(今ので6代目)用意しずーっとずーっと使っていました。
動かなくなったので電池切れかと思い、ショップに持っていったら「本体がだめです」と言われてしまいました。
修理できないそうです。
このメーカーはリーズナブルな価格が魅力だと思いますが、本体の修理が出来ないのは悲しいです。
同じものを買うので作ってください、スウ●ッチさん。
文字盤に水色の縁取りのあるマルチストライプのベルトのものです。(ちょっとポール・ス◎スみたいなスタイルです)
この時計をしていたら、女性トイレなどで見知らぬ人から「私も持ってるわ〜、これ好きなの」と声をかけられたことが数回あります。
「かわいい〜。まねしていい??」と言って、同じものを購入し、ベルトもスペアを用意した友達もいます。
絶対、いけます。
定番にしてください。おねがい〜!!
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-21 22:40  

結婚式

夫の友達の結婚披露宴に行ってきました。
朝からのチャペルでの式にも参加してもいいということでしたが、私たちは7時半からの披露宴に参加することにしました。
会場は、ナショナル・リベラル・クラブというところで、自由党(今はリベラル・デモクラティック・パーティー-自由民主党になっている)の建物内にあるクラブです。日本でいえば、民主党本部の部屋を借りて披露宴をするようなものなのでしょうか??ものすごく立派な建物で、入り口に入ると自由党の首相グラッドストーンの胸像、中には歴代の党首の肖像画が飾ってあります。
会場にはいると、バンドが入って踊れるスペースのある応接間があり、その奥には、中央部分にバーカウンターがある別の部屋があります。バーカウンターの手前はソファーなどがあり、バーカウンターの後ろには食事の出来る丸テーブルの並んだ会場がある、という状況。
立派!天井たかっ!広い!
と、もう口を開けっ放しの会場でした。
テラスからテムズが見えるというナイスロケーション。
家族か知り合いがこの政党だったら借りれるのか?と思いましたが、全く関係なく借りられるようです。
なので、ロンドンで海外結婚披露宴をあげたい方も可能!(だと思う)
お値段は、知りません........

残念ながらカメラを持っていきませんでした。興味のある方は、このサイトで内部をチェック。
http://www.nlc.org.uk/virtualtours.htm
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-20 20:52  

おしゃれなお昼

ハムステッドに最近良さげなカフェがオープンしたという事で夫と二人でランチに行ってみました。
メニューを見るとなかなかおいしそう。
ケーキやマフィンなどもあります。
しかし、サンドイッチを頼んだら、サラダもクリスプも付いてないで5ポンド弱。(750円くらい??)
ちょっと高い。
確かにいいものを使っているんだろうけど。
そして、量が足りない。
全然、私には足りない。
コーヒーを飲みに来ることはあってもお昼はもうここでは食べない、そんな気がした今日のカフェでした。
しかし、最近、ロンドンのお店の移り変わりが激しい。
この店の前は、チャイ屋さんで、しかもロンドンのお勧めティーショップのベスト5に入っていたのに。
この間も買い物にいったときにお目当てのお店が消えていました。
うーむむむ。emoticon-0120-doh.gif
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-15 01:12 | 食べ物関係  

駐車

運転を再開して早数ヶ月。
運転の方はぼちぼち慣れてきましたが、駐車がどへたな私。
夫が横に乗っていれば、最終的に夫と大げんかになります。
夫はけっこう耐えていてくれているのですが、こらえきれずに爆発。
ええ、悪いのは私なんです。ううううう。
うちの近所は駐車スペースがタイト(メインの通りに路上駐車という状況)なので、駐車の技術は必須です。

今日は、夫の忘れ物を届けに夫の仕事場に行きました。
10分で着いたのに、駐車スペースが見つからず、仕事場に入ったのはすでに一時間経過。

がんばる!!がんばるぞ!
と自分に活を入れてみました。
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-09 20:52  

夕日

 実はクルーズの間、曇りの日が多かったのですが、この日は晴れたので船上で初めて夕日を見ることができました。
 夕日と言っても、8時半くらいですが。
 レストランから見た夕日です。
e0150991_19404098.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2009-09-02 19:42 | 旅行  

スタヴァンゲルとフロム

 オスロの途中で立ち寄る町のひとつ、スタヴァンゲルの一角には旧市街が保存されています。
 まるでテーマパークです。でも人が住んでます。そこから船の方を見ると、本当に動くホテルといった大きさなのがわかります。
 フロムはさらに小さい町で、登山鉄道に乗ってミュールダールというところまで上り、また降りていきます。
 途中の滝のところで列車は泊まるので皆写真などを撮るのですが、音楽が聞こえ、岩場に美女が登場するというショーになっています。
 隣の席で望遠で写真を撮っていた人が、「この人、男だよ」と教えてくれました。映像を拡大していくとなんだかがっしりしています。美女のイメージが〜。e0150991_2404815.jpg
e0150991_2411492.jpg
e0150991_2414553.jpg
[PR]

by kubokiriko | 2009-09-01 02:59 | 旅行