<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

鯉のぼりだ!

 もうすぐ5月。
はっと気がついた。
今年こそ鯉のぼりを出さねば!!
うっかり飾り忘れることが多いのでこの2年くらい飾ってなかったです。
って、ことで、今年は早めに(5/5前に)ごそごそと鯉のぼりを取り出しました。
兜も飾って、ちょびっと「こどもの日」仕様の我が家であります。
もちろん、息子は鯉のぼりを見ても「ふーん」という感じ。
まあ、当たり前ですね。中学生だから。
 ときどき思い出したように日本の話題をふってきます。
例えば、
「あの、お笑いの〜、なんだっけ?」
(?お笑いの番組か?芸人か?ネタか?」
「ほら、あのぼけと…つんぼけの」
「『ボケ』と『つっこみ』でしょ?だいたいのお笑いは、『ボケ』と『つっこみ』でしょ?範囲が広すぎてヒントにならん」
「だからほら、あの、『ハーちゃん』、『マーちゃん』の」
(ますます、分からん。この辺から考えるのを放棄したくなり始める)
「ほら〜、『アップ・シティー』だっけ?」
「……もしや、『ダウンタウン』の『まっちゃん』『はまちゃん』のことを言っているのかね?」
「そう!」
 力尽きました…
 
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-28 17:07  

同じく

 すばる4月号のエッセイに続き、5月号の「春のすばる散歩部」のための扉イラストを描いたのですが、掲載雑誌が送られて来たのでぱらぱらと見ていたら、友人の茅野裕城子の短編が載っていたので、「元気かな〜」と考えているところに、彼女からメールが。
 向こうも掲載誌に載った私のイラストを見て同じことを考えたらしい。
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-27 22:51  

忘れ物

 うちの母、無事に飛行機に乗れてほっとしたのか、ヒースローのセキュリティーチェックを受けたとき、荷物を一つ忘れてしまいました。
 飛行機に乗る前に気がついたので、航空会社のスタッフに探してもらったのですがその時点では見つからず、遺失物届けを出して帰国。
 すると、成田側の遺失物係の担当の方から連絡があり、ヒースローで見つかったので、遺失物取り扱いの会社(空港とは別会社らしい。サッチャー時代の産物か?)に保管料を払って引き取りの手配をするようにという連絡をいただきました。
 保管料の支払いは個人とその会社の間で済ませ、そののちに、航空会社の方が日本行きの便に見つかった母の荷物を乗せてくれるということらしかったです。
 その手配を母の代わりにすべくその会社に電話をし、遺失物保管料を払うように言われたので手続きをしたいと伝えると、「10ポンドだよ〜」とおっしゃる。
 しかし、日本の母から送られて来た遺失物に関する遺失物担当者からのファックスによると5ポンドとなっている。
 なので、「わしは5ポンドと聞いておるのですが」と言うと、「あんた、感じいいから、5ポンドでもいいよ〜。わははは」
 ……ラッキー!とは全然思えないんですけど…、
そんないい加減な料金設定で大丈夫か?この会社?
 と少々不安ながらも、カードで清算をし、清算終了の知らせを日本に伝えました。
荷物は無事に母の元に届いたようですが…
 カードの請求が5ポンドでなかったら、怒る。
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-27 22:36  

帰国

 すぐに訂正したおかげか、それともたまたまか、昨日の午後に急に「本日の席が確定しました」という連絡がケータイに!
 あわててばたばたとミニキャブなどの手配などをしましたが、何故か母はその電話の前にスーツケースを詰めたいたので、比較的スムーズに支度が済みました。
 やることがなかったから荷物をつめてみたのか、はたまた、うちの母はエスパーか?
 本日、無事に日本に到着しました。
 なんか、一安心。
 母の飛行機の後に臨時便なども出ているようです。
 
 空港は、チェックインカウンターのある階は、当日にの便が確定した人のみ入れるようになっていて、思ったいたほどの混雑(空きを待つ人がその辺で待機しているとか)は見られませんでした。
 どこか待機場所、泊る場所を用意してもらったのでしょうか?

 皆さん、さくさくと帰国できるといいですね。
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-23 19:05  

大失敗

 航空会社からの連絡待ちの日々です。家電話を教えたものの、これで「待ち」だと電話に張り付いていなくてはいけないなと思い、航空会社にケータイの電話も追加して教えました。が、ふとした拍子にケータイにうまく電話がかからないことが判明。ケータイをかけると直接留守電に行ってしまうか、あるいは今かかりませんというメッセージのどちらかです。
 この状況で、それは大変困る!とあせりまくり、設定を変更したりして、家電からケータイにかけて何度確認しても同じ結果。
 説明書はどこかに無くなってしまっているので、ケータイの設定で考えられることは全てやったのですが、やはり電話がかからず。
 それが昨晩のことで、もう遅かったのであきらめて寝ました。
 本日、ケータイの方に電話がかかって来て、切ったあとに、「あれ?何でかかったんだろう?ケータイの気が変わったのか?」と思い、家電からケータイにかけるとやはり留守電か、「あとでかけて」メッセージです。
 家電からケータイにかけるとき、自分のアドレス帳を見てかけているのですが、その番号を眺め、それから別のケータイに登録してある自分の番号を探してみました。
 すると……番号が違っている…。
 私が自分のケータイ番号だと思っていたのは全く違う番号だったわけです。
 正しい番号でかけると、ちゃんと繋がりました。

 うわ〜。一体今までどなたのケータイにかけてたのだ?テストで留守電まで残しちゃったよ〜。
 学校関係の書類で子どもの緊急連絡のケータイ番号もそれを書いた気がする...........
 
 とにかく、一番の重要課題をクリアすべく、さっそく航空会社に電話し、「あのケータイ番号はうそでした!」と訂正しました...............。


emoticon-0141-whew.gifemoticon-0141-whew.gif
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-22 19:05  

飛行機

 飛行機の運航がそろそろ始まったようです。
母のチケットの再予約の状況を確認するために電話(これがなかなか繋がらない)をすると運航日の日付のチケットのを持っている人が優先で空いている所にチケットの古い人から順に入れて行く、とのことでした。
 なんだか帰るの来週になりそうな気配です。
実はチケットを取る際に「ヒマなんだから4週間目安でくれば?」と言ったら、「こっちだっていろいろあるんだから三週間でいいわよっ」ってことで、三週間の予定でチケットを購入。
 四週間目安のチケットでとっていれば、こんなに毎日電話せずとも悠々と帰れるのに。う〜。
 一応飛行機会社の連絡待ちですが、その電話を受け損ねると次の人に席が行ってしまいそうなので、ケータイが鳴るたびにびくびくしております。
 まあ、うちの母は空港で待機しているわけではないので快適に過ごしているし、そういう点ではスペインで足止めにならなくて大変ラッキーでした。
 スペインはそれなりにいろいろあったのですが、今回の火山の爆発とともに全て吹き飛んでしまいました。
 また、落ち着いたらそっちも雑記に書きます。
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-21 22:45  

母、帰れず

本日日本に帰国予定だった母ですが、当然現状では帰れません。
宿泊先はあるので、空港で待つ人々よりはなんぼかましですが。
自然災害には誰にも勝てません......
emoticon-0132-envy.gifemoticon-0132-envy.gif
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-18 21:32  

アイスランドの火山の灰

 昨日14日、スペイン、セビーリャの休日から帰って来たばかりです。日本から来た母付きプラス夫の母付きというスリルとサスペンスに満ちたすばらしい面子。あんなこともありこんなこともあり、でもとにかく、「は〜、無事に帰って来た」と安心していたのですが、先ほどニュースを見てびっくり。
なんでも、アイスランドの火山が噴火し、地震もあったそうですが、火山灰も降り、それが飛行機のエンジンに悪いということで、ヨーロッパの各空港が閉鎖になっているそうです。
 昨日帰って来たのはものすごくラッキーだったのね〜と思いつつも、はっと気がつくとうちの母が日本に帰るのが数日後。それまでに,灰が消えるのか???
 う〜むむむ。マメに空港情報をチェックせねば.....
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-16 06:34  

小鳥さん

バービカンで行われているセレステなんとかさん(フランス語読めん)のインスタレーションを見てきました。部屋の中に小さい鳥が何羽もいて、、ギターやシンバルの上の乗っかると音が出るというもの。その映像はこのサイトで見れます。http://www.barbican.org.uk/artgallery/event-detail.asp?ID=9713
鳥が飛んで来て,楽器だけでなく人にもとまったりするんだけど、とまられた人は皆ものすごく嬉しそうです。
子どもも大喜びですが、大人もうれしい。
無料なのでロンドンにいる方はお勧めです。
一回で25人(あれ?21人だっけ?)しか入れないので、3人出て来たら,3人入れるというシステム。
[PR]

by kubokiriko | 2010-04-06 23:14