<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

後ろの相棒

 車に乗っていたら横を走り抜けたバイクのおにいさん。
 何か違和感を感じよくよく見ると、後ろにどなたか乗っけていらっしゃる。
e0150991_23361835.jpg

 一瞬,「子供か?危ない」と思ったが、お猿のぬいぐるみでした。
e0150991_23365613.jpg

 以前トラックのフロントにぬいぐるみをくくりつけているのを見たことがありますが、イギリスの男性はぬいぐるみがお好きなんでしょうか?
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-30 23:37  

るーるるる 

 ピラーティスに行った帰りに、耳の大きい猫がいるなあと思ったらきつねでした。
 
e0150991_7582813.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2010-09-29 07:58  

ハイテク

 本日朝から歯医者さんへ行きました。
 クラウンの下に虫歯ができたので、その治療のためです。
 古いクラウン(金なので持って帰ってきました!)を取って、その下の虫歯を治療したあと、歯医者さんがPCを手元に引き寄せなにやら操作しているので、覗いたところ、新しく作るクラウンをレンダリングしているのでした。
 これによって、ラボを通さず直接クラウンを作れるとのこと。
 すご!!
 「このハイテクソフトはアメリカのですか?」
 と尋ねると、アメリカで大人気だがドイツの会社のものだと教えてもらいました。
 レンダリング完了のあと10分ほど待って、あたらしいクラウンが出来上がりました。
 それを装着した後、調整します。
 超新しいソフトというわけではなく、10年くらい経っているそうですが、私は初めて見ました。ということはこの10年間、クラウンを新しくする必要はなかったということですね。
 でも再来週もういっこやります。
 金がとんで行く.....
 このいらなくなった金歯、少し足しになるか?(ならないよな〜)
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-28 19:28  

しまった!23日は敬老の日だったんですね。

 すっかり忘れてました。母にも何にもしませんでした。
 でも,覚えていても何かすることを考えなかったかも。
 大体、彼女が「敬老」を祝ってもらってうれしいのか、疑問。
 敬老ってなん歳から?孫がいれば敬老か?世の中には、私の歳で孫がいる人もいるだろうし。
 相手が自分の祖父母だったら何かするかもしれないけれど。母は70代だから充分敬老されてもいいでしょうけど、私には母だからなあ。なんだか変な感じです。
 ということで、息子に何か(電話とか、手紙とか)させればよかったんだ、ということに気がついた次第です。
 きゃつは私が言わなければ、そもそもそういう日が存在することを知らないでしょう。
 うーむむむ。不覚なり。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-26 19:18  

うろうろと

 昨日、展示会を見に友達が来てくれるということだったので、再度TeaSmithに行きました。
 開店前に行って、追加の展示を設置。開店後に夫の同僚が友達を連れて見に来てくれました。
そのうち友達の一団がやって来て、見学しつつお茶をした後、一緒に昼を食べに外に。
 お店の人にお勧めのレストランを聞いて行ったものの、ことごとく満員。
 一時過ぎでまさにシティーに勤める人々のお昼時間、プラス、ちょうどスピタフィールスマーケット内でデザイン・クラフト・フェアが開催されており、通常よりもお昼にやって来る人が多いようで、どの店に入っても店員さんは「話しかけないで!!」光線を発して、動き回り、お客と目を合わせようとしません。
 とある店などは、「キッチンの注文が満杯でこれ以上注文を受け付けられない」と言われてしまいました。テンパっているというか、殺気立っていました。
 一番忙しい時期と時間に私たちは昼食をとろうとしていたわけです。
 とりあえず座れる店を見つけてやっと注文完了、と思ったら店の前を急ぐひとりの日本人女性を発見。彼女も私たちの友達でした。
 あわててグループの一人が店を飛び出し,彼女をキャッチ。
 彼女も私の展示を見に来てくれたのでした。
 お昼のあと彼女以外の人々は帰り、彼女はこれから見る予定なので、私が彼女とともにもう一度TeaSmithに戻ったところ、もう一人友達をそこで発見。
 お昼を求めてさまよったけれど,大漁!という感じでした。
 あるいは、さまよっていた間に逃してしまった友達もいたのかも。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-26 01:56  

どきどきだす〜

 夫がリスボンに出張中。
 ってことで、明日起きれるかどうか心配だす。
 息子よ起こしておくれ。母は自信がないぞ。
 ついでに紅茶も入れて、ベッドに持って来てくれ〜。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-24 06:39  

展示会続き

 前回,ちょっとわかりにくかったであろう店内をもう少し。
e0150991_224127.jpg

e0150991_2303845.jpg



そして、梁から下がっているパネル。これは光の加減で全て写真に撮るのは無理でしたので一部のみ。
e0150991_2335915.jpg
e0150991_233971.jpg
e0150991_23240100.jpg
e0150991_232965.jpg
e0150991_701781.jpg



そして、別の入り口。
窓に貼った特大スティッカーは透けて見えます。
e0150991_248389.jpg
e0150991_2481394.jpg



ヒメは店内をときどき移動します。
e0150991_24932100.jpg


木枠に見えたのは実は店内にすでにある棚です。
A2サイズのパネルにぴったりのサイズ。
e0150991_2515979.jpg
e0150991_2512120.jpg
e0150991_2505440.jpg
e0150991_71452.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2010-09-23 07:01  

訃報

e0150991_17454590.jpg

 昨日、「バケツでごはん」のテレビ化のときにいろいろお世話になった小学館プロダクション(現在は小学館集英社プロダクション)の三野さんさんが亡くなられたというメールが、当時の担当編集者から来ました。
 なので、一日中、あんなことがあった、こんなことがあった、と三野さんがらみのいろいろなことを考えてました。
 その担当編集者コムロンのメールの中に「彼がカラオケでボズ・スキャッグスを歌っていたことが思い出されます。」と書いてあったのですが、知らせを聞いた当日行ったピラティスのクラスで、先生がまさにボズ・スキャッグスの曲をかけていたので、びっくりしました。
 というのも、先生はi-Podにいろんな曲を入れていて、それをピラティスの最中にかけるのですが、今までボズスキャッグスをかけたことがなかったので、「先生,こういうのも好きなんだ〜」と思いつつ、なんだか、三野さんに対する供養のような気持ちになりました。

 三野さんは私よりもずっと若いので、さらに切なかったです。
 どうか安らかにお眠りください。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-22 17:22  

展示会

 土曜日は「祭り」でものすごい人ごみだったようです。
 それを避けて日曜日の開店と同時に写真を撮りに行きました。
 臨場感を味わっていただくために、まずTeaSmithの外側から徐々に店に近づいて行きます。ちょっとボケボケの写真もありますが許されよ。
e0150991_18235097.jpg
e0150991_1823196.jpg
e0150991_18204893.jpg
e0150991_18201025.jpg
e0150991_18193872.jpg
e0150991_1819452.jpg
e0150991_18183095.jpg
e0150991_18175763.jpg
e0150991_18172381.jpg
e0150991_181715.jpg


続きはまた後日。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-20 18:25  

設置

 昨日,展示設置のためにTeaSmithで待機。
 4時に配達されるはずの拡大プリントのマウントボードが中々来ないな〜と思ったら、当日、ロンドンにローマ法王がいらっしゃるということで、警備のためにあちこちの道路を閉鎖。よって、配達の車が中々着かないという連絡あり。
 結局、配達がやって来たのは6時過ぎでした。
 それから設置を始め、食事する暇もなく設置を続け(お茶屋さんなので、お茶はいっぱいいただきました)終って家に帰ったのは夜中の一時過ぎてました.....。
 でも、とっても面白い展示になりました。
 展示が終わったあと写真を....と思ってカメラを持ってはいったのですが、もう体力が残ってなかったので果たせず。
 後日、写真を取りに行って、アップしますです。
 なんだか、高校の文化祭を思い出しました。
[PR]

by kubokiriko | 2010-09-18 18:32