<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

黒い指

 しばらくほっぽっておいた庭がうっそうとして来て素人の手に終えなくなったので庭師に入ってもらいました。
 いろいろ切ってもらったら、庭が明るく広くなりました。
 今まで影だった部分に日が当たるようになったので少し花などを買って来て、ポットに移し替えたのですが、ものすごくは長居心地悪そうです。
 後日来た庭師に聞いたらポットが小さすぎ、ということでした。
 自分で庭に植えて経費節約〜とちょっと思っていましたが、やはり専門家に頼むことにしました。
 緑の指、ほしい。
[PR]

by kubokiriko | 2011-05-27 17:53  

週末はストックホルム6

  今回、一番印象的だったところはヴァッサー号博物館です。
 全く期待していなかったのですが、ストックホルムの夫の知人に強く勧められたので行ってみたら、思いのほか面白かったのでした。
 ヴァッサー号は16世紀に処女航海で数百メートル進んだのちに沈んだ船です。
 沈んだことは皆知っていたけどそのままほっておかれて数世紀。
 20世紀になって初めて50年代に、発掘作業が始まり、長い長い時間をかけて海のそこから船を壊さないように掘り出し、発掘した船を博物館に収めたのは90年代でした。
 夫の知人は子供の頃、まさにこの船が発掘される作業を最初から見ていたので、感慨もひとしおだったそうです。その人にとってはタイタニックのようなものだったそうです。
 博物館には発掘した船と最初はどんなにきらびやかな状態であったかの再現したデコレーション、そして、その船の歴史、発掘のプロセスなどが展示されていました。
 海の中に沈んでいて木が腐らなかったのは、その周辺の海が汚染されていて木の腐食の原因になるプランクトンが生息できなかったとか、あと、大体の人は沈没する船から逃げたが船底近くにいた人々は助からず、船の発掘と共に人骨も見つかり、骨を元にどんな顔かたちや姿だったか再現するのみならず病歴なども明らかになっている等々のものすごいハイテクと沈んだ船というロマンチックな対照が非常に面白かったのでした。

e0150991_628843.jpg


外から見た博物館は船の形です 
e0150991_6301676.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-05-23 06:30 | 旅行  

週末はストックホルム5

 デザインの国に行ったのに、買い物はほとんど出来ずじまい。
残念です。
 とりあえず、ショーウィンドウを。(店、閉まってました)
e0150991_5433840.jpg


 唯一の戦利品、温度計です。正面に吸盤がついてるので最初は「??」と思いましたが、窓の外につければいいわけです。
な〜る。
外に出て初めて服装計画の失敗に気づくことの多い私には、とっても役に立ちます。
e0150991_5454074.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-05-21 05:46 | 旅行  

週末にストックホルム4

 旅行者らしく素直に宮殿の衛兵を写真に撮ってみました。
 この衛兵君、無表情なイギリスの衛兵とは違って、「ありがとう」と言うとにこっと笑ってくれました。他の観光客とはしゃべってたし、「いいのか?」と心配になりました。
 高校生みたいな感じです。
e0150991_2321289.jpg


そして、バスでやって来た楽隊を発見。
e0150991_2331718.jpg


宮殿前の広場で演奏してました。
e0150991_2335755.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-05-18 02:34 | 旅行  

週末はストックホルム3

 この博物館、乗り物にのり、スウェーデンの有名な児童文学の世界を巡るというもの。(残念ながら、殆ど知りませんでした....「長靴下のピッピ」とか「やかまし村」のシリーズなら愛読していたのですが)で、ロシア人旅行者の団体ががばっと入ってしまったので、1時間ほど並ぶはめになってしまいました。
 私の後ろに並んだロシア人女性がぴたっと体をくっつけて来るので、「掏摸か??」と不安になりましたが、「並んだ時代の名残じゃない?」と夫。とりあえず、鞄は前にして、注意。
 その女性、もう少しうしろのロシア人家族(夫、妻、息子」の一員らしいのですが、何故か別々に並んでいる。多分、お祖母さん。お嫁さんとけんかでもしたのだろうか?と、ひとんちのことだが、ちょっとはらはらしました。
[PR]

by kubokiriko | 2011-05-16 03:09 | 旅行  

週末にストックホルム3

 引き続き「おお!」と思った北欧デザインのすぐれものはこれ。
工事のためのプレハブの宿泊施設です。プレハブにしてはかわいくないですか??
e0150991_6403177.jpg

ちょっと大きくしてみます。
e0150991_2553182.jpg

まるでバンガローみたいです。

労働者の待遇がいいのでしょうか??

 そしてこれは.....
e0150991_642133.jpg

バッケン児童文学博物館です。
 工事のためのプレハブの方がかわいいじゃん!!デザイン王国なのに何故??と思った建築でした。最初、倉庫かなにかと思いました。
これは入り口ではなく横なのですが、でも、船で来ると見える部分です。けっこうがっかりショー。
 そんなこともあるのね、スウェーデン。
 さっと見て次ぎに行くつもりが、ロシア人の団体に囲まれてしまい、まるでディズニーランド並みに時間がかかってしまいました......。
[PR]

by kubokiriko | 2011-05-14 07:04 | 旅行  

週末にストックホルム2

地下鉄も各駅ごとでデザインが違うそうです。
e0150991_21385539.jpg

別の駅。
e0150991_21382110.jpg

中世の町並み。
e0150991_21402851.jpg

そして今回の旅行で私が一番見たかったのはこの図書館。
アスプルンドというスウェーデンの著名な建築家が作ったもので、幸い泊まったホテルの近くにありました。
e0150991_2147075.jpg
e0150991_21474771.jpg
e0150991_21482499.jpg

興味のある人、公式HPを貼っておきます。美しいよん。
http://www.aalab.com/asplund/index.html
[PR]

by kubokiriko | 2011-05-12 07:24 | 旅行  

週末にストックホルム

 こちらイギリスは、ロイヤルウェディングから週明けの月曜日までお休みでした。
春休みが終わったのがその数日前。
水曜日、木曜日と学校に行き、それからまた休みというスケジュールだったので、いっそのこと、春休みを伸ばせばよかったのに、と皆から文句ぶうぶうでしたが、多分そのロイヤルウェディング当日を休日にするというのは学校のスケジュールを出したあとに決まったからか?と思います。
 息子はイギリスでおばあちゃんとお留守番で、私は夫の仕事に便乗してストックホルムに行って来たという次第です。

 ストックホルムの街は立派でお金持ちという感じ。
木の切り方に注目してください。すぱっと上部を一直線。デザインの国だからか?
e0150991_4391827.jpg


そして、船から見た工事現場のクレーンにも注目。きりんのクレーンです。さすがデザインの国です。
e0150991_4413962.jpg


そして、旧市街ガムラスタンの小路。写真を撮っていたときには気づかなかったのですが左手の電気の配線ボックス(という?)をご覧になってください。
e0150991_444988.jpg

拡大してみましょう。ほらお、おうち仕様です。
e0150991_447832.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-05-11 04:51 | 旅行  

帰って来ました。

 本日、ストックホルムより。
 ぼちぼちとその辺のことは上げていくつもりですが、寒くて体調を崩したようで夜中に起きてしまいました。
 この不快さは何何?としばらくもんもんと不快さに耐えて、やっと気がつきました。

 熱だ。

 熱が出たのでした。

 普段あまり熱など出さないので気がつきませんでした.....。
 
 帰りの飛行機の中でひたすら寝たので今は元気です。
これからカレーの出前で夕飯にします。
[PR]

by kubokiriko | 2011-05-03 01:49