<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

ナメクジキラー

 せっかく植えた庭の花がナメクジに襲われて無惨です。
 ガーデニングの才能がない上にナメクジに邪魔されてものすごく悔しい〜。
 本日はものすごい雨で、雨が上がったらキッチンのガラス戸にウルトラでかいナメクジが張り付いていました。しかも4匹!!
 ナメクジは苦手ですが、ものすごく頭に来たので割り箸と塩を装備。
わりばしでつまんで一カ所にまとめ、塩攻めにしました。
ビールをガラス瓶に入れて庭において置くとそこにどんどんナメクジが入って溺れ死ぬよ、と教えてもらいましたが、なかなかビールが残る機会がないし、ナメクジのためにビールを開けるのもしゃくなので、塩です。
 せっかくなので、花の陰をチェックし、花や葉っぱをむしゃむしゃと食べていたナメクジを捕まえ、どんどん塩攻めにしていきました。
 ナメクジかと思ったら、カタツムリも混ざっていて、びみょーです。
 ナメクジだと全く罪悪感を感じないのに、カタツムリだとちょっと気の毒な気がするのは何故でしょう?
 とにかくやり始めたら勢いが付き、庭中を点検し、捕まえられる限りのナメクジを塩漬けにしました。
 ナメクジには絶対生まれ変わりたくない、と思いました。
[PR]

by kubokiriko | 2011-06-29 06:18  

暑い

昨日と今日はロンドンも夏日で暑かった。
気温は30度くらいで、汗かきました。
数日前は「こんなに涼しいのに夏至が過ぎてしまった。暑くならずに夏が終わりそうで悲しい」とぶうぶう文句を言っていたのですが、暑いのはやっぱり嫌です。
[PR]

by kubokiriko | 2011-06-28 07:41  

日本語?

 スポーツセンターの壁に貼ってあったポスターです。
 どうしても「無男道」に見えてしまうのですが.....。意味からするとそんなはずないよな、達筆すぎて私が読めないだけだと思うのですが。
e0150991_6365989.jpg

 
 「無」をつけたら台無しではないでしょうか?
 
 ショックのあまりよたよたとスポーツセンターのカフェに入り、テーブルについて一息ついていると、耳に飛び込んで来たのは「大漁節」。 (もちろん、ここはロンドンです。日本に帰国中ではありません)
 何かの陰謀か?
[PR]

by kubokiriko | 2011-06-24 06:37  

我が家のガーデニング

 庭の木をバッサリと切って日の当たるスペールが出来たので、庭に花を植えたのですが、なんかまだまばら。
 園芸センターではいっぱい買ったと思ったのに。
 で、もう一度別の園芸センターに行って、幾つかの花を買い込みました。
 夫と息子も男二人で世話をすると息巻いて「にんじん」の苗を買って来ました。
 それでもまだすかすか感があるので、八百屋さんに買い物に行ったとき、店先にあったひなぎくを購入し、庭に植えました。
 花が咲いているのもあったのですが、これから咲く方がいいだろうと、つぼみだけのものを買ったのですが、何時までたっても開きません....
 もしかしてつぼみではなく散ってしまった後なのか?それとも開かない運命のひなぎくなのか???やはり私には園芸の才能はないのかも。
 夫と息子が買った「にんじん」を二人は世話をする気配が全くないので、私が水やりをしておりますが、でかい葉っぱがナメクジにどんどん食われております。
「にんじん」にしては変な形の葉っぱだな〜、でも苗のときと形の変わるものもあるし〜、と思っていたのですが、後日、庭師が古いプランターを持って来てくれたとき、その苗をじっと見てぼそっとひと言。
「これはにんじんじゃない」
「え?」
「これはチンゲンサイだ」
ええええ?



なんか我が家全員、だめだめ〜。
[PR]

by kubokiriko | 2011-06-22 07:13  

ベルリン9

石渡の日誌を読むと「白アスパラ」に釘付け、とのこと。
納得です。
私もいろいろな写真を上げながらも密かにそう思っていました。
他の食べ物の写真ですら、白アスパラに比べると存在感がいまひとつで、迷いながらも結局上げませんでした。

しかし、しかしです。今回の旅のメインイベントを食べ物に占められてしまってよいのか??と、最後のトリを飾るのはペルガモン美術館にあるイシュタール門。
実はこの門の奥に更に大きい門があるのだそうですが、大きすぎてこの美術館には入れず、倉庫で眠っておるとのこと。
青いタイルが美しいです。実物を見れて感激。
e0150991_1759303.jpg


白アスパラに勝てるか?

もういっちょ!
e0150991_22233162.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-20 18:00 | 旅行  

ベルリン8

 ベルリンには現代建築の展示場のようにいろいろな建築がありました。

巨匠フランク・ゲイリーのDG銀行内部。
e0150991_3203951.jpg


ジューイッシュ・ミュージアム階段部分。
e0150991_3241570.jpg


このミュージアムにはラディカル・ジューイッシュ・ミュージック・インNYという特別展をやっていたのですが、メインはジョン・ゾーンで、展示の中に私が手がけた「コブラ」のレコード・ジャケットを発見!!ものすごく不思議な気持ちでした。

ブランデンブルグ門近くの「ホロコースト・メモリアル」はエッシャーの絵のようです。
地面は平ではなく傾斜がついているので、角度によって表情が違います。
e0150991_3303085.jpg
e0150991_3301393.jpg


昔、ベルリンに来たのは20年以上前です。そのときは西側から見たので、そのとき見たブランデンブルグ門は実は後ろだったことに気づきました。
門の上の女神と馬車が東を見ています。
壁のあった当時は門の周りは荒れ野のようで、壁の向こうの門には近づけず、門の上まで気が回りませんでした。
感慨深いです。
そして、元東側のウンターデンリンデンには大使館がずらっと並んでいました。
マイケル・ジャクソンがベランダから子どもを観衆に見せようとして大問題になったホテルもそこにあります。
e0150991_3324317.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-20 03:27 | 旅行  

ベルリン7

 旅行先に川があって船の観光があれば、船に乗ってみたい私。
理由は、自分が動かずとも観光が出来るから。
 で、ベルリンでもボートに乗りました。
e0150991_5454964.jpg


 
 この建物は「洗濯機」という愛称らしいです。納得です。
e0150991_5463424.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-19 05:49 | 旅行  

ベルリン6

顔に見える家。
e0150991_6213376.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-18 06:21 | 旅行  

ベルリン5

 ベルリン、というかドイツは白アスパラの季節。
 レストランで二回、そしてベルリン在住の夫のまたいとこの家でも白アスパラを出してもらい、白アスパラを堪能しました。幸せ〜。

連邦議会議事堂の屋上のレストランのメインとして取った白アスパラ。新ジャガが付け合わせについていて、オランデーズソースをかけます。
e0150991_111598.jpg


こっちはマックスウェルという別のレストランで前菜として取った白アスパラのグラタン。スレートの上に乗ってます。スレートは最近流行っているらしくロンドンのレストランでもよく見ます。
e0150991_112595.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-16 01:14 | 食べ物関係  

ベルリン4

ソニーセンターという複合ビル。
雨が降りそうな空模様。
e0150991_1817713.jpg


敷地内になる昔の建物の一部(しかも内部)を保存したもの。
周りが近代的なのでものすごく不思議な感じです。
e0150991_18183275.jpg


ソニーセンターの中にある映画博物館。
鏡やモニターを駆使して広く見えます。
e0150991_18193267.jpg

e0150991_1820945.jpg

ドイツ映画は「カリガリ博士」や「メトロポリス」の時代のものと、一挙に飛んで、ヘルツォークやファスビンダー、ヴェンダースなどの7〜80年代のものしか知らなかったことに気がつきました。

映画博物館からでるときのエレベーターから見たソニーセンターの広場部分。全天候型の天井屋根とガイドブックに書いてあった割には広場は突然の豪雨でびしょびしょでした。
e0150991_183049.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2011-06-14 18:30 | 旅行