<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

玖保のダメダメクッキング

美味しく作ったポテトサラダを冷凍庫に入れる。
        ⬇︎
数日後に出してひとりランチとして食べる。ゲキマズ。

やっっぱりじゃがいもをゆでたものは冷凍にしてはいけないですね。
味付けの構成は同じなのに、食感が変わります。
そして自然解凍しても水けがいっぱいでます。

わかってはいたのですが、旅行に行く前に余ったものをもったいなくて冷凍しちゃったのでありました。
ほんとは同じく残ったパスタの方を冷凍してポテトサラダの方は食べちゃって欲しかったのですが、もちろん我が息子そんな台所的やりくりは考えてくれません。
[PR]

by kubokiriko | 2015-02-27 23:14 | 食べ物関係  

戻ってきました!

今回はおなかも大丈夫。ああ、どきどきした。
もちろん生ガキなどの生のシーフードは今回食べなかった(しくしく〜!)けど、それでも風邪っぽくて体調が完璧でなかったので、熱はいいけどおなかや胃に来たらいや〜!!と思ってました。
どんだけ食い意地が張ってんだ??

サレイヤ広場の近くのLe Saffari。
観光客が多かったけど数日前、Le Merendaで見かけたお客さん(地元ではないかもしれないけどフランス人)も見かけたので、この店なら大丈夫という予感あり。
そして予感は当たりました。
シーフードの定番、イカのフライ。
一緒にズッキーニの薄く長く揚げたものも入っていて、これまたかりかりでおいしいの。
e0150991_20104145.jpg

赤ピーマンのマリネ。好きなんです。さすがプロの仕事。私が作るマリネと違い美しい仕上がり。丹念に皮が剥かれている。気が短い人には無理。
e0150991_2013127.jpg


ファルシ。野菜の詰め物。これもニースの他の店で食べたけど、ここも美味しいです。
e0150991_20151241.jpg

またトリッパ。息子も同じもの。そして残した。止めとけばいいのに。もちろん内蔵好きの母は完食さ。
e0150991_20153720.jpg

夫はビーフシチュー。下にパスタが敷かれている。フランス風のビーフシチューより軽い。
e0150991_20174240.jpg


そして、最終日は友達の住んでいるビオットへ。
ちょうどミモザ祭りということで、街の中はミモザで飾られていて、そしてものすごい人ごみ。
e0150991_2023095.jpg

いつもの店でお昼。このレストランの名前、そういえば知りません。友達は「ミミの店」と言ってる。
e0150991_20432772.jpg

また赤ピーマンのマリネ。
e0150991_20241967.jpg

カイエット。野菜がいっぱい入ったソーセージ的なもの。あるいはハンバーグか?でも何か薄〜い皮に包まれています。
e0150991_20255334.jpg

サラダニソワーズ。友達曰く、「本物のニソワーズのサラダは ここでしか食べられないよ〜。ニースでもだめ」だそうです。ピーマン、タマネギ、生のアーティーチョーク、アンチョビ、ゆで卵、レタス、トマトが入ってます。もちろんタマネギはよける。
e0150991_20281527.jpg


メインはイワシのフライ。前回はイワシがなかったので今回熱くリスエスト。
e0150991_20502419.jpg


うさぎ。よく煮込んでほろほろ〜。
e0150991_20504693.jpg


キノコのオムレツ。キノコはお店の人が摘みに行ったもの。中はゆるゆるの本物のオムレツ。自分ではうまく作れません。
e0150991_20315578.jpg

裸のラビオリ。パスタにくるまれていません。
e0150991_20511279.jpg



ということで、ほぼ毎回同じメニューです。
お腹いっぱいになりすぎて結局この日は夕飯抜き。

友達のお家によって、テラスからの絶景。
e0150991_2050341.jpg



皆様が期待するような珍道中はなかった....。すまんね。
あ、到着した夜、息子のニキビクリームで歯を磨いてしまったことくらいか?
これは、夫がニキビクリームを歯磨きだと思ってポーチに入れ、私も全く確認せずにそのまま歯ブラシにつけて磨いてしまった、という事件。
口の中にえも言えぬいや〜な味が広がり、何度口を濯いでも消えませんでした。
美味しいもの食べる前でよかった、ということにしておこう。

そういえば、フランスはすべてのパン屋さんのパンはパンが焼きたてで美味しいと思い込んでいたのですが、朝のコーヒーを飲みに行く近所のコーヒー屋さんが日曜日で休みだったので、パン屋さんでパン・オ・ショコラとパン・オ・レザンを買ったら今ひとつ今二つでした....。
ンが焼きたてでないのかそこが今ひとつのパン屋さんなのか?
それとも日曜日だったからか??(焼かないけど売る、とか)
幻想が一個消えました。
[PR]

by kubokiriko | 2015-02-24 20:55 | 旅行  

今のところ無事

ニースをぐるりと周る観光バスに乗りマティス美術館へ。
前回工事中だったのだが、改修工事は終わっていました。よかった。
ここはマティスが住んでいた家でもあります。
オリーブの林に囲まれ、家の裏側にはローマ時代の遺跡もあります。
マティスがデザインしたという教会の模型とデザインが展示されていましたが、非常に美しい教会なので今回は無理かもしれないけれど、いつか是非行ってみたいものです。
夕飯はL'Atrierでニース名物ソッカ。海老とチーズ載せです。息子はフィレミニョン、夫はタコとレモンのリゾット。ここも美味しかったです。
e0150991_03105287.jpg
e0150991_03121142.jpg
e0150991_03131003.jpg


[PR]

by kubokiriko | 2015-02-21 00:25 | 旅行  

ニースの食べ物

水曜日、Hangoutにて。
前菜、フォアグラのクリームブリュレ、タコとジャガイモのココット、カリフラワーのスープ。(あっという間に食べてしまい写真無し)
どれも美味しかったがスープはキノコと半熟卵が入っていてそこにトリュフオイルの香りが広がる。夫の前菜だったんだけどめちゃくちゃうまし。
メインは鴨、鳩、平目。
鳩も鴨も完璧な焼き具合。付け合せの野菜とキノコもうまし。
e0150991_00185866.jpg
e0150991_00193552.jpg
e0150991_00201125.jpg
e0150991_00204619.jpg
e0150991_00211970.jpg
e0150991_00214959.jpg


[PR]

by kubokiriko | 2015-02-21 00:09 | 旅行  

またまたニース

良いお天気です。
到着日、お目当てのレストランに行ったら満席だったので、翌日の予約をして別のレストランへ。
別のレストランはそこそこ。そして取りすぎて失敗。
そして昨晩、お目当のレストランに行けました。
この La Merendaは電話がないので直接行くしかないのです。
ペストのパスタ、詰め物したイワシを前菜にトリッパのソッカ添え(ソッカはニースの名物のヒヨコ豆のクレープ)、オックステールのポレンタ添え、ソーセージとレンタル(豆の種類)。
大満足。
トリッパは息子が取ったのですが、お店の人から「食べたことある?大丈夫?」と念を押されたのに、やはり彼の好みではなかったらしく,私のオックステールと交換。内臓好きの母がしっかり平らげました。
日本人がたくさん来るらしく、お店の人は「ヒヨコ豆」とか「とうもろこし」とか日本語で説明してくれます



e0150991_18354748.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2015-02-18 18:32 | 旅行  

昼のささやかな愉しみ

家にいる時はお昼の休憩でお昼を食べながらテレビを見ます。
オンデマンドで昔のシャーロックホームズのシリーズがあればそれを。
なければ別の何か推理ものを。
で、最近ホームズのシリーズがなかったので代わりにアガサ・クリスティのミス・マープルのテレビ・シリーズを見ているのですが、今日見たものにはなんとバッチ君が出てました。
元警官で故郷の村に帰ってきたという設定の割にはあまり活躍しない(笑)。
ミス・マープルがいるからか??
[PR]

by kubokiriko | 2015-02-12 01:34  

イスラエル料理って?

という質問が出ましたが、写真も撮らずに食べまくってた私。
ということでビジュアルとかつきちんとした説明を!という方はこちらをご参照ください。

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink/dining/7673

どうも食べ物の写真を撮る勇気がないヘタレの私。
[PR]

by kubokiriko | 2015-02-10 06:42  

ゾーン1でいろいろ

RA(ロイヤル・アカデミー・オブ・ア〜ト)で開催されたアンセルム・キーファーの展覧会に行ったもののカタログを買わないで帰ってきてしまったものの、やっぱりカタログあった方がいいよねという話になり、先日その周辺に出かけることになったので、RAのショップに寄ってみました。
展示はすでに終わっており現在は「ルーベンス」展の真っ最中であります。
なので、展示が終わったもののカタログがまだあるかどうかは定かではありませでした。
ショップで「アンセルム・キーファーのカタログの在庫まだありますか?」と聞くと、一瞬カウンター内がざわざわ。
「あのカタログは売り切れだったんだけど、ちょうど今日、返品があったのよ〜」と店員さんがカタログを持ってきてくれました。
なんと言うタイミング!!

そのあとはイスラエル料理のレストラン「パロマー」で夫、息子と待ち合わせ。ここは、元義理の継母と食べに行って美味しかったので家族を連れて行きたかったけどなかなか予約が取れなかったところでした。
しかし、この日はプレシアターで早めの時間だったので、比較的予約が取りやすかったという訳です。

おいしい食事の後は、小林賢太郎さんの「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」を観ました。
台詞などはほとんどなく、パントマイム、そしてプロジェクターを使った寸劇風のもの。でもきちんとつながってエンディングがありました。
プロジェクターに使われたイラスト、アニメーションも不思議な感じで独特な世界で非常に楽しめました。
あと、台詞はあ〜とかう〜くらいしかないのだけれど、プロジェクターに映し出される言葉がやはり面白い。センスがありますよね。
お客さんも大喜び。
息子を劇場に連れ出すのはなかなか大変なのですが、今回は「『How to eat Sushi at Sushi bar』のラーメンズの人だよ」と言ったら、あっさり同意した次第です。

我が息子、YouTubeの『How to eat Sushi at Sushi bar』の大ファンなのでありました。

いい一日でした。

あ、ゾーン1とは、ロンドンの市内中心部で、その周辺がゾーン2~9となってます。
山手線の内側的な地域を考えるとわかりやすいかも。
[PR]

by kubokiriko | 2015-02-06 18:37