<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

運動

GPで簡単な健康診断をしたところ悪いコレステロール値がちょっぴり高かった。
そのちょっと前のお昼、アスパラガスのサラダとポーチドエッグ2個っていうのがいけなかったのかもしれん!
それほど心配することはないけれど、食生活というよりは運動不足を指摘されてしまいました。

ということで早速翌日の朝散歩!
そしてご褒美のカプチーノです。
これで楽しく続けばいいのですが。
基本は、雨の降っていない日に歩く、できればカフェと組み合わせる、です。
カフェはにんじん代わりです。

e0150991_1442338.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2015-05-29 01:46  

かなり私のタイプ

と言っても、当然?男性ではありません。
昨日行ったレストランです。

私はメインよりも前菜に魅かれます。
美味しいものをちょこちょこいっぱい食べたい〜というのが理想。
昨日のレストランはまさにそのタイプ。

ショーディッチのタウンホールだった建物の中にある『The Clove Club』。最近オブザーバー誌の英国のレストランベスト40に選ばれたお店です。
6コース、あるいは10コースで構成されたテイスティングメニューのどちらにするか真剣に話し合った我が家。
6コースの方にはグリーンオニオンのガスパチョが入っていたのが私が6コースをためらった理由ですが、10コースでもそんなにおなかぱんぱんになる訳ではないという説明を受け、欲望の赴くままに10の方にゴー。うまいね、レストランの人。

10コースの前にスナックというのが数種出てきます。

まずはこれ。小さなタルト。緑の粉は抹茶です。スモークしたたらこと言ってました。クリーミーでした。うまし。

e0150991_0553246.jpg


次はこれ、なんと鶏皮煎餅だ!うまくないはずがない。からっとフワッと揚がったものにタラゴンソースをつけていただきます。

e0150991_0572451.jpg


次はアスパラ。完璧な茹で具合。

e0150991_0585120.jpg


ここまでは手づかみです。そして分量は三人分でした。
そして昆布出汁。山椒の葉とオレンジの皮部分が入ってます。ゆずじゃないところがみそか??イギリスでは結構ゆずが流行っております。
出汁ってやっぱりおいしい。

e0150991_113761.jpg


ここから10コースが始まります。
1、メニューには鰹の刺身とあったのですが、残念ながら当日はホタテに変わっておりましたが、食べたら全然残念じゃないくらいおいしかった。上に載っているのは紫蘇。

e0150991_145097.jpg


2、レイザークラム。マテ貝です。大好物!鍋の中で藁でいぶしますがサーブする前に鍋ごと持って来て見せてくれます。チェルビルというセリ科のハーブと甘い香りのエルダーフラワーのソースがかかっています。エルダーフラワーはニワトコ。
e0150991_1195289.jpg


3、グリーンピースのムース、冷たいやぎのミルク(シャーベット状)とここで作った自家製ハム入り。
冷たいのと柔らかいのとカリカリしたものの合体で、まるで天国のような美味しさ。
e0150991_1221871.jpg


4、アイルランドで捕れた野生の鱒。昆布で〆たターニップ(丸くて小さい大根的な野菜)とエゾマツのオイルがけ。これも軽いので3口くらいで行けます。
e0150991_1261271.jpg


5、モンゴメリー・チェダー・タルト、結晶化したモルトがけ。どうやって結晶化させるのでしょうね。これも一皿に三人前。手でつまんで口に放り込みます。チーズがまるで生クリームのよう。
e0150991_128995.jpg


6、100年もののマデラ酒と共にいただく家鴨と生姜のブロス。多分これが今回一番びっくりしたメニューだと思います。
まず、100年もののマデラ酒をいただきます。ほんのぽっちり。本当にこのくらいしかもらえません。なのに、「ちょっと残してね」と言われます。
e0150991_1323314.jpg

そしてそのさらにちょっぴりのところにブロスが注がれます。生姜の香りが効いてておいしい〜!
e0150991_1334631.jpg


7、そば粉のパンケーキの上に載った豚バラ肉。
パンケーキで巻いて食べます。豚が脂っぽくなく柔らかくそれでいて皮がかりかり。どうやったらこうなるのか??一回茹でて油抜きしてから低温でゆっくりローストするのか???やぎに引き続き次の課題はこれだな。中国風のバンズとはまた違った趣。そば粉のパンケーキうまし!
e0150991_1383597.jpg


8、これがメインと言われました。ゆっくり調理したラム、なすを細かくしてと香菜と和えたもの添え。本来ネギも載るのですが私のはネギ抜き。
e0150991_1424995.jpg


9、枇杷の種のクリームとアマランス(ヒユ属の植物らしいです)のぱりぱりのせ。
枇杷の実の種を砕いて作るらしい。杏仁みたいのものではないでしょうか??似たような香りでした。
e0150991_1464643.jpg


10、うす〜いストロベリータルトと蜂蜜アイスクリーム。
タルトなんてどこさ?いちごが並べてあるだけじゃんと思ったら、いちごの下に何か薄〜いものが敷いてありました。その薄いもののがうまかった。いちごはほぼ生。
e0150991_149229.jpg


コースはこれで終わりなのですが、プティフールと言って持ってきてくれたのがこれ。
中にキャラメルが入ったチョコレートと、小さなタルト、別皿はシュー皮とドーナッツのミックスしたようなものでこれがおいしかった!
e0150991_1515025.jpg


お腹いっぱいでしたが、苦しいまでは行かずいい感じ。
メインの羊、なくてもよかったよね?というのが我が家の意見。美味しかったんですが一番どーんと来た。
逆にイギリス人的にはど〜んと来るものがないと物足りないのかも、とも思いました。
それ以外は本当に少量でほどよい。私の理想の食事に一番近いものでありました。そして何より面白い。大大満足。
[PR]

by kubokiriko | 2015-05-23 02:22 | 食べ物関係  

やぎにひか〜れ〜て〜♑︎ 2

また挑戦。(しつこい)
今度はしっかり聞いて弱火で2〜3時間煮込みました。
柔らかくなりました〜。

毎週はやめてね、と夫に釘を刺されました。
[PR]

by kubokiriko | 2015-05-18 19:04  

やぎにひか〜れ〜て〜♑︎

本日、ファーマーズマーケットに行ったら、やぎ肉が売っておりました。
やぎのチーズは好きですが肉は食べたことがありませんでした。
しばし迷って、買うことに。
以前、NYに着いて空港から乗ったタクシーの運転手のお兄ちゃんが、いかにやぎ肉が美味しいかを延々と話してくれた思い出が頭のすみにこびりついていたせいかと思われます。
「どうやって食べればいいの?」と売っている女性に聞いたら、「肉が固いからゆっくり調理して」とのこと。
ク??クパッドを参考にトマト煮にしてみました。
1時間半くらい煮たけど、ちょい固めでした。
でもおいしかったです。肉の臭みとかがない。
圧力鍋で煮るといいのかも。
あるいはもう少し長めに煮込むか??
もう一度挑戦してみたいです。

そういえば日本で、除草用のやぎが盗まれて食べられてしまったことがありましたね。
[PR]

by kubokiriko | 2015-05-10 07:29 | 食べ物関係  

英語道

オンラインで読めます!

http://www.hanayumeonline.com/magazine/magazine40.html

感想などをよろしくお願いします〜。
こっちではなく、オンラインの方へ!!!
[PR]

by kubokiriko | 2015-05-07 23:34 | 仕事情報  

新兵器来る!!

今日は子どもの日だったのですね。
うっかりしてました。
あわてて兜と刀、弓の飾りを出しました。
男の子はしまい忘れるとお婿に行くのが遅くなるというのは無いようなので一週間くらい飾っておこう。

そして我が家を長らく悩ませたナメクジ退治の新兵器がとうとううちに配達されます。
Slug Namatodesといって、水に混ぜて庭にまくと、分子のレベルでナメクジの体に入り込み殺すという、ペットや子どもに安全なナメクジキラーという説明です。
効くといいな〜。
[PR]

by kubokiriko | 2015-05-05 22:54