<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

キングスクロス

先日、所用でシェフィールドとリーズに行ったのですが、キングスクロス駅出発の電車でした。
キングスクロスと言えばあの『ハリー・ポッター』で有名な駅。
9番線と10番線の間に9と3/4番線のある駅ですね。
私たちが使う電車のプラットフォームを確認したらなんと番線。
4、3、2と過ぎて行って1番線のその先。
新しく作った線らしい.....。
[PR]

by kubokiriko | 2015-06-22 17:38 | 旅行  

玖保危機一髪!!

あ〜、どきどきしました。
家から閉め出されてしまいました。

こちらの家はほとんどオートロックで、ばたんと閉まると鍵がかかります。
本日、ご近所さんがうちからのびているアイビーがそのお宅の樋までのびてしまったので、切らせてくださいということで、植木屋さんと共にやってきたのですが、お仕事が終わって帰るときに風でばたんとドアが閉まってしまい、たまたまドアの外にいた私はスリッパ履いたまま閉め出されてしまったという訳です。
携帯も持っておらず靴も履いていない私は、本日の夕方夫と待ち合わせて食事してお芝居を見るという予定でした。
息子が学校から帰ってくる時間はわからず。
待っててもそんなに早く帰ってこないかもしれない。
今日はお芝居だから君は一人でご飯食べてねと言っておいたので、学校帰りにそのままお友達のところに遊びに行っちゃう可能性も......。
やっぱりご近所さんにスペアキー預けとかないとダメだなとか、レストランで夫が待ちぼうけして私に連絡しようとしても連絡通じない状況、とかいろいろ考えました。
夫の職場まで歩けるけどスリッパはつらいな〜、などなど。
庭に面した部屋のドアは開いているのでお隣の庭から入るのはどうだろうと、ピンポンして訳を話して庭に入れてもらいました。

と、そこにはうちにやってきた植木屋さんがはしごと共にいるではありませんか!
このお家にもアイビーを切りに切たらしい。
そのお宅の塀のこっち側にはしごをかけ、もう一つのはしごをうちの庭の方にかけ、私は無事に家に入ることが出来ました。

はふ〜。

久々のスリルとサスペンス。

留学ジャーナルという雑誌の初回のネタとして書いたのですが、まさか自分の身にまた(!)起こるとは。
閉め出されたの実はこれで三回目です。19年間で三回だったら悪くない.....かな〜?
[PR]

by kubokiriko | 2015-06-09 23:26  

今日の散歩道2

よい天気です。
e0150991_2245081.jpg

丘を〜越えて〜ゆっこうよ。(古)
e0150991_22461690.jpg

引き返し地点で転がっている、もとい、休んでいらっしゃるピンクの帽子の方々をちらほら見かけました。
耳を攲てると、「誰か私を運んでよ〜」「これいつ終わるの?」「11時半には終了って言ってたけど」
e0150991_2248197.jpg

癌関係のチャリティーのランかウォークらしい。ヒースでは様々なイベントが開かれます。特に夏期。
e0150991_22493114.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2015-06-07 22:50  

今日の散歩道

e0150991_1373461.jpg

以前イギリスのばらの紋章を見て「違う!」と思いましたがこちらの方が原種ですね?
少女マンガチックな幾重にも重なっているのは改良したもの。
e0150991_1394682.jpg

パノラマのやり方がわからなかったので自力で。ビッグベン、シャード、セントポール、ロンドン・アイ、カナリー・ウォーフの建物などが見えます。
e0150991_1402713.jpg

ヒースを通っての散歩終了。
e0150991_1412261.jpg

ご褒美。
そのあとピラティスという黄金の健康コースでした。
そしてジムに貼ってある気になるチラシ。
未だ未確認。

e0150991_1423835.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2015-06-06 01:44  

財布がない!!

今のところ、しみじみと歩き続けております。
気のせいか体が軽くなった気がする....。

本日は歩いて20分ほどのところにあるカフェを目指しててくてく。
前、バスで通ったときに発見した新しいお店。
e0150991_4255772.jpg


カプチーノを一杯飲んでさあ帰ろうと財布を....、あれ?財布がない〜。
バッグが開いているが多分これは自分で開けっ放しにしていたと思う。
ってことは財布が丸見えで誰かが盗った???(擦り経験者。あ、擦られ経験者か)
焦りまくる私。
夫は家で仕事をしていたので、電話。
「財布擦られたかも。財布がない!!お金持ってきて!」
「落ちつきなさい。いったい何頼んだの?」
「カプチーノ一杯」
「じゃあ、お店の人に説明すれば大丈夫だよ〜」
「わ、わかった。問題だったらお金持ってきてくれる??」
お店の人にお財布がないのでお金を持って戻ってくる、と説明するとあっさり信用してくれた。
ほへ〜。
心臓ばくばく。
まるでレレレのおじさんのように足をフル回転に動かししゃかしゃかと家に帰る。
擦られたかと思った財布は家にありました。
よかった〜。
財布を掴んでまた家を出ようとすると、夫に止められた。
「そんなにあせんなくっても大丈夫だよ。お昼まで待ってそのカフェでお昼食べればいいじゃない。私も行くから」
「で、ではお店に電話を!!」
「だから〜、大丈夫だって」
だめだよ〜。私の頭の中で「無銭飲食」という4文字熟語がぐるぐるぐるぐる。
でもまあ、お金を持って行くだけではなく、お昼もそこで食べればお店にもいいか....。
どきどきじりじりながらお昼どきまで耐え、お昼を食べに行きました。
「戻って参りました〜。信用してくれてありがとうございます」と言ったときやっと心が楽になった。
気の弱いひな菊のような私.....。
[PR]

by kubokiriko | 2015-06-02 04:26