<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

私がアホでした

友達に会った帰り道、駅の階段でバギーを下ろすのに難儀している親子連れがふた組。
周りには他に人がいなかったので、一組目をまずお手伝い。
見上げると、ふた組目も私のお手伝いを期待している。
それは全く問題ないし、ちょうど赤ちゃん連れの友達に会った後だったし、自分も息子が小さい時に見知らぬ人たちに手伝ってもらったのでお互い様なのですが、このふた組目のお母さん、私がバギーを半分持って手伝う時もずっと携帯で話していた。

普通、人が手伝っているときくらい携帯やめません?
階段降りてからまたかければいいではないですか。
失礼なのもあるし、ハンドフリーではなく肩で押さえて携帯で話しているわけだから力の入れ具合が全力じゃないでしょう?私の方にその分負担がかかるでしょう??
手伝いを申し出たときもすでに携帯で話していたけど、手伝ってもらう間くらいやめると思っていた私がアホでした。
携帯で話しているお母さんにはもうお手伝い申し出ません。
心に誓った底冷えのする4月でありました。


[PR]

by kubokiriko | 2016-04-30 00:00  

ねこまみれvol.2

二度目の配信始まりました!!

ぜひご覧になってくださいませ。

http://sgkcamp.tameshiyo.me/D03271SGCAMP



下は紹介記事です。

http://www.shogakukan.co.jp/news/138882


http://digi-gene.shogakukan.co.jp/


[PR]

by kubokiriko | 2016-04-28 17:43 | 仕事情報  

Books for cook


その存在は知ってはいたけど、料理の本が置いてある書店で奥にレストランがあるんだろう、くらいに思っていたら違いました。ここは12時から料理をサーブ、なので12時前には席を取っておかないとダメ。そして満員だったら待っててもダメ、というのは12時のサーブの分で終わりだから。
メニューはその日のメニュー1種類のみ。
何が当たるかはその日のお楽しみ。ツイッターで当日の朝、メニューが発表されるらしいけれど。

そして、前菜、メイン、デザート(デザートはケーキ数種の中から選べる)、欲しければコーヒーも。
しめて7ポンドというロンドンでは信じられないお値段。

もしそのメニューが気に入ったなら、それが載っているお料理の本も買えるというわけです。

前菜 スープ。芋系。クミンの香り。
e0150991_02090395.jpg



メイン チキンとワイルドライスの入ったご飯。
e0150991_01564671.jpg

デザート オレンジとチョコレートタルトと、りんごのタルト半分ずつ盛り(このような頼み方もできる)
e0150991_01570181.jpg

友達はここのコーヒーを勧めなかったので、コーヒーは別のところで。
満足感特大。
e0150991_02182896.jpg
e0150991_01571880.jpg


[PR]

by kubokiriko | 2016-04-25 02:11 | 食べ物関係  

プリンス

昨日は女王陛下の90歳のお誕生日で、その特別番組をBBCで見ておりました。
ジョージ6世なども写っている女王陛下の子供時代のものから比較的最近のものまでいろいろな時代の映像を新旧交互に、女王陛下とチャールズ王子、ウィリアム王子とハリー王子、アン王女、第一従兄弟、第二従兄弟、第三従兄弟、姪、というブロックで、別々の部屋で雑談しながら鑑賞するというもので、「あ〜、あれは誰それね」とか「これはいついつね」とかロイヤルファミリーの方々がおっしゃるのを聞きながらそれらの映像を見ていると、まるでお茶の間感覚。
お茶の間がバッキンガム宮殿だったりして豪華ではあるけれど。
そのうち、「なんで私は人んちのホームビデオを見てるんだろう?ここんちとは他人なのに」という感覚に陥って、「あ、これはクイーンの映像だったっけ」と思い直す奇妙な番組でありました。
女王陛下、記憶力抜群です。かなり細かく覚えてらっしゃる。
プリンス・フィリップが写っていなかったので体調でも悪いのかしらと思ったけれど、女王が90歳なら殿下は90何がし、しんどいよね、などなど思っていたところに、外から帰ってきた夫が
「プリンスが死んだっていうニュース聞いた?」

「ええ?どのプリンス?」と聞き返したのですが、ロイヤルファミリーじゃない方のプリンスだった...........。

ショック。




[PR]

by kubokiriko | 2016-04-22 17:08  

これも擬態か??

見えにくいけど小鳥がおります。種類は分かりません。初めて見ました。ハムステッドヒースにて。
e0150991_06240519.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2016-04-19 06:37  

連絡

東北大震災の時に知人の安否が気になると掲示板に書き込んだ時に、災害伝言ダイアルを教えてくださった方から、私の安否をお尋ねになりつつまた災害伝言ダイアルを教えてくださいました。
ありがたいです!
私は自身のほぼないところ(ロンドン)にいますので全く元気です。

災害伝言ダイアル、必要な方がいるかもしれませんので抜粋をここに貼っておきます。熊本方面にご家族お友達がいらっしゃる方、さぞやご心配でしょう。


そんな時は「171」の災害伝言ダイヤルを是非とも活用して下さい。(携帯からでもご利用できます)


利用方法です↓


http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/images/manual.pdf


[PR]

by kubokiriko | 2016-04-16 21:30  

昼と夜

天気が良かったせいか家の近所とグリーンパークの二箇所で騎馬警官を見た。

e0150991_19283358.jpg


その夜ダンスを見に行った帰りに、ヴィンテージのロールスロイスを見た。


e0150991_19300466.jpg



[PR]

by kubokiriko | 2016-04-14 19:33  

ちょっとだけ遠くに行きたい

「ああ、遠くに行きたい」と思うことって時々ありませんか?
少し日常から離れたい、でも旅行とかじゃなくていい。
そんな時わたしはマップをにらんで、簡単に行けそうなでもまだ行ったことがないところを探します。
行き帰りの風景も楽しめるように、できれば地下鉄は使わないで、バスかオーバーグラウンド。

昨日は以前から興味があったロンドン・フィールズに出かけてみることにしました。
行きはバス、帰りはオーバーグラウンドと決定。
本当はおととい行こうと画策していたのだけれど、あれこれ調べていたらどんどん日が暮れてしまって断念。間抜けです。

ロンドン・フィールズはハックニーという区にあります。
オリンピックの開かれたストラトフォードのお隣の区です。

ハックニーはハックニー・エンパイヤという劇場があり、そこでパントが上演されるので何度か行ったことがありますが、友達が住んでいるなら行くけれど、それ以外わざわざ行くという町ではありません。

最近コミュニティー活性化のためにあちこちでマーケットが開かれていますが、ここもそんな場所の一つ。そして、最近おもしろいお店があると聞いていたので興味があったことと、たまたま前日に読んだTime Out誌のLondon Best Coffee shopsにここのお店が入っていたので、出かけたというわけでした。

こういうときぶらっといけない私は結構きちんと計画を立てます。

せっかく見知らぬ所に行くのだから、コーヒーは別々の店で一回ずつ飲みたい。
なので、昼くらいに着くようにしてまずお昼と一緒に一杯、そして食後に別の店で一杯。

最近歳のせいか以前ほどコーヒーが飲めなくなってきたので、1日2杯が限度。
なので外すわけにいきません!!
と鼻息の荒い私。

気分転換というリラックス方向から外れていくけど仕方がないです。己の性?

ロンドン・フィールズはその名の緑地帯があり、そこから南下して運河と交わるBroadway Marketにいい感じのお店が並んでいます。
私の行ったのは平日でしたが、土曜日がマーケットの日。

Bestに入っていた御目当ての店、Climpson&sonsを覗くとトイレが見当たらなかったので、別の店を探すことにしました。
家から遠く離れているのでトイレは私にとっては必須。

その店以外は当たりをつけていなかったので、どこにしようかな〜とキョロキョロ。
そこそこ混んでいるL'eau a la Boucheという店が良い感じだったので入ってみることにしました。
カウンターで注文してお金を払うと名前を聞かれます。
時々コーヒーショップにこのシステムがあり、出来上がると名前を呼んでくれるのですが、短いほうがいいかと思いそういう場合「Kubo。K,U,B,O」と言います。Kirikoだと6文字。4文字のほうが簡単だろうという私の心遣いなのですが、なぜか時々「コボ?」と言われます。コボちゃんじゃな〜い。
そういえば昔、大人数で香港に旅行した時、レストランを予約するのに一番短い名前にしようと、「伊藤」を使ったっけ。
3文字です。メンバーの中に伊藤はいませんでした。

さて、この店ではちゃんと「クボ?」と言ってくれました。
お皿が日本の焼き物風でした。
e0150991_2049048.jpg

チキンパイも美味しく、カプチーノも合格。



さて、トイレも済ませて安心して先ほどのCLimpson&Sonsに出かけ2杯目のカプチーノ、そしてチキンパイが軽かったのでデザートにエッグタルトを頼みました。

カプチーノは先ほどの店と大差がないので、なぜこの店がBestに載っていてあっちの店は載っていなかったのか?
エッグタルトはカスタードが薄い感じでいまひとつでした。エッグタルトじゃなかったのかも。
やはりトイレはなかったので玖保評価がぐ〜んと下がります。

この通り、小さいけれど食べ物屋さんは多かった。
そして、洒落た感じのお肉屋さんと魚屋さんも発見。(昔からあるという感じではなく新しい感じ)
この二点があるということはすでにアッパーマーケットになってしまっていると見ました。

e0150991_20553441.jpg


ロンドンのそこそこ安いエリア→アーティストや学生が住む(自治体がコミュニティー作りに絡むこともある)→家賃がそれほど高くないのと若者が多いのでインディーのカフェやレストランができる→クールになる→家賃が上がる→エリア作りに貢献したお店が家賃を払えなくなる→チェーン店がやってくる→どこでも同じ店のバリエーションになる

というのがパターンなので、ちょっと心配。頑張れコミュニティー!

帰りはロンドン・フィールズを突っ切って、オーバーグラウントの駅、ハックニー・セントラルに向かいました。
途中で見つけたナヴァリノ・ロード。
ああ、これは私の大好きなバーバラ・ヴァインの『アスタの日記』に出てくる殺人事件の起こった家のあった場所ではないか〜と嬉しくなる。
この道がモデルなのね。
e0150991_20505624.jpg


この黄色いドアとお揃いのゴミ箱に主張を見た。

e0150991_20521742.jpg


屋根付き自転車置き場が公道にあるっていうのは区が置いている?それとも特別にレジスターした??初めて見ました。
e0150991_20543381.jpg


家に帰って『アスタの日記』をパラパラっと見るとその周辺の道がザクザク出てくる。
ロンドンフィールズももちろん出てくる。
読み直してから行けばもっと楽しかったかも〜と後悔。

あ、ブリュワリーもあります。ここ!
ブリュワリーを見ると石渡に教えなくちゃと思うのはなぜだろう。ははは。

イカした壁。
e0150991_2050228.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2016-04-07 21:11 | 旅行  

I ♡coffee

コーヒーを入れるときイギリスの家庭でよく見られるのがこれ。

e0150991_23463840.jpg

e0150991_234706.jpg

メッシュのネットで挽いたコーヒーを越すので、エコだけれどなんかドロドロが多くてあまり好きではなかったので、
フィルターでコーヒーを入れていたのですが、最近(うちで)流行っているのがエアロプレス。





ここにこのサイズのちっちゃいフィルターを置いて、
e0150991_2348102.jpg

e0150991_23585093.jpg


メインのボディに装着。
e0150991_2348393.jpg


挽いたコーヒー豆を入れ、
e0150991_23501429.jpg


かき回したのち上からこれで
e0150991_2359793.jpg


プシューっと押します。
e0150991_23474348.jpg


息子からのクリスマスプレゼントで、12月末からずっとこれです。
[PR]

by kubokiriko | 2016-04-05 23:59 | 食べ物関係  

21周年

先日、21周年の記念日にPiquetというフレンチに行ってきました。
記念日は置いといて玖保倉庫の食いしん坊の皆様のために料理の解説を。

アミュゼで出てきたのが、なにかふわふわしたムース状のものをこのグリシーニにつけて食べるもの。
ふわふわが何か聞きそびれたが魚系だったと思う。マヨネーズがふわふわになってようなものでした。
うまし。ずっとこれでもいい。

e0150991_19453621.jpg


パンとバター。
大変美味しいのですが、このバター、多すぎ。持って帰ろうかという話も我らの間に出る。持って帰らなかったけど....。
いつも思うのですが、こうやって残されたバターはどうなる?? 気になる。
e0150991_19484066.jpg


鴨のリエット。リエット好きです。この繊維の感じがパテよりもグッときます。持ってかれちゃったけどこの陶器の入れ物、鴨の蓋が付いておりました。
e0150991_19494836.jpg


ビートルートとフィロペストリーに包まれたゴートチーズのサラダ。彩りが美しい。
e0150991_1951352.jpg


ラビオリ。中身はロブスターだったかな?エビ系。
かなり強いコンソメ系のスープがかかっています。かなり強めの味だったので、なんかお酒が入っていたと思う。
e0150991_19534499.jpg


ラムとアーティーチョーク。あ!左上のこいつはシャロットか??夫に愛を込めてプレゼント。
真ん中の黄色いものはかぼちゃのピュレだったと思う。右上はラムをローストして咲いたものがペーストリーに入っていると思われるます。春巻き感覚。
e0150991_19553316.jpg


デザートはブラッドオレンジのシャーベットとアイスクリーム。そして、ショートブレッドが付いてます。ショートブレッドってイギリス的なものだからフレンチでてきてちょっ虚をつかれた。
e0150991_19585245.jpg


食後のコーヒーを頼んだらチョコレートが付いてきたのですが、こんな箱に入ってました。
可愛いじゃないの!!乙女心(いつの?)鷲づかまれたなり。
e0150991_2003740.jpg

[PR]

by kubokiriko | 2016-04-03 20:02 | 食べ物関係