クィーン

Nikki 10/11/08

 先日、「クィーン+ポール・ロジャース」のコンサートを観にO2に行ってきました。
いつも、マックのことでお世話になっているマキさんが誘ってくれたのでした。
 息子の世話は夫に頼み,早めに同じ建物内のタパス・レストランで腹ごしらえもして、万全な態勢で臨みました。
 さすが、クィーンのコンサート。
 年齢層が高い!(私も入っていますが)
 若者はお父さんの連れ、と言った感じでした。
 私たちの前の席に50代〜60代のカップルのグループが陣取っていたのですが、この人たち、パブにいるかのように何度も飲み物を買いに行くわ、コンサート中にトイレに立つわ(ずっと飲んでるから)ケータイで友達にテキストを送るわ、でかい声で歓談するわ(しかもコンサートに関係のないこと)まるで自分の家のようにくつろいでいました。
 トイレに立ったり飲み物に立ったりするのはしょうがないとして、立ったついでに長めに立ち話なんかされて視界が長時間遮られると頭に来ます。
 この人たちはずっと飲んでもいたので、酔っぱらっていたのかもしれませんが、いい歳をしたこの大人たちが一番行儀が悪かったです。
 「『クィーン』のコンサートってシニアのお客さん、いつもこんなに態度悪いんですか?」
と、今回のロンドン公演は全部押さえたマキさんに聞くと、
「いやあ、こんなくつろいで我が物顔の人たちは初めてです」
とのこと。
 こわいので後ろからメンチ切っておきました。
 また、イギリスは写真オッケーらしく、まるで会場に蛍がいるかのように、ケータイや、デジカメのモニター部分が明るく、皆ぱちぱちと写真を撮ってました。(私もチャンスとばかり写真を撮りました)
 「あ、ロイくんがいる。キリコさん、立ち見席の最前席に黄色い服着た人がいるでしょ??」 
 「え?あ、はいはい」
 「彼は日本人でロイくんというのですが、クィーン・ファンの間では有名ですよ。彼はフレディの格好をしてクィーンのコンサートに全部行って、最前席で観るんです」
 なんでも、84年のクィーン来日のおり、ロイくんは中学生で高校受験の時期だったため、「高校に入ったらみにいけばいいやん」と親に説得されて、コンサ−トに行くのを断念したらしいのですが、それがフレディーのいるクィーンの最後のコンサートになってしまい、生フレディーを観る機会を永遠に失ってしまったそうです。(フレディ、91年に死去)
なので、自分がフレディの格好をして「クイーン」のコンサートを全部観る!と決めたそうです。(クィーンは現在クィーン+ポール・ロジャースとして活動を行っています) 
 ロイくんはYouTubeで確認で確認できますので、興味のある方は「なりきりフレディ講座ROY」で検索してみてください。
 さて、私はコンサート中突然、タパス・レストランでオーダーした(と思った)のに、「コロッケ」が来ていなかったのを思い出して、気が散ってしまいました。
 クィーンを観ながら「コロッケ」が頭から離れない自分が、我ながら情けない〜。
 
Ps.あとでレシートを確認したらチャージはされていなかったのでひとまずほっ。
 
070.gif070.gif070.gif
[PR]

# by kubokiriko | 2008-11-10 20:19  

Lost 再び

シリーズ4のDVDを買ってしまいました。
夜はまとめて観てます。
前シリーズ以上になぞが謎を呼び、そして、現在と過去が入り乱れ複雑です。
なんか、シリーズ6も出来るみたいです。
まだ終えるつもりがない????

015.gif
[PR]

# by kubokiriko | 2008-11-05 18:38  

石渡からのメールで、「漫画の原稿にページナンバーをふってください」というリクエストがあった、と突然思い出した。
でも、いつもページナンバーをふっているのでおかしいなと思い、メール履歴を調べたが該当するものがない。
とすると、それは夢だったか??
む〜。013.gif
[PR]

# by kubokiriko | 2008-11-04 20:18  

雪が降ったその後

寒いです。
あの瞬間から一気に冬に突入した感じです。
あわてて冬物のコートを引っ張りだしました。007.gif
[PR]

# by kubokiriko | 2008-11-02 08:03  

ハムレット

ストラトフォード・アポン・エイボンにRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)の「ハムレット」を観に行きました。
イギリスでは大人気、日本では今ひとつ人気が出なかった「ドクター・フー」の10代目のドクター、デビッド・テナントが主役です。
チケット購入が6ヶ月前だったにもかかかわらず、残り席4席しか残っていない状況でした。
シェイクスピアの古典英語をそのまま聞いても理解できないのは分かり切っていたので、まず、日本から翻訳を取り寄せ、読んだ上に原書と比較、というお勉強をして臨みました。
なんだか学生に戻ったみたいです。
ハムレットはイメージ的にやせていて神経質な(そしてできれば美) 声年に演じてほしいところですが、実はハムレット、太っているらしいのです。
というのも、ハムレットのおかん、ガートルードが「あの子は太っているので汗をかきやすいのよ〜」と言っている台詞が一カ所だけ出てくるのです。
最初、そこを読んだときショックでした。
なので、映画や御芝居ではそこはカットされるようです。
デビッド・テナントは背が高くやせているのですが、やはりその台詞はカットされていました。
太ったハムレットを見たいような見たくないような......
e0150991_192180.jpg

[PR]

# by kubokiriko | 2008-11-01 01:10