都会へgo

本日、ピカディリーサーカスという超都会に出かけて行きました。
近視と乱視と老眼を矯正するというコンタクトレンズのお試しのためです。(なんだか私、かわいそう)
レンズが来たよんという連絡をいただいたので予約をして出かけて行った訳です。

しかし!なんと!

片目分しかとどいてませんでした......。

検眼してくれたお兄さん、もっと時間がかかると思っていたのに私がやってきてびっくりしたようでした。

この人と、連絡をくれた方は別。

連絡をくれた方は、謝りながらもなんというか私が怒ることを予想して身構えている感じでありました。

実は私、それほど怒っていなかったのです。
まあ、残念だったけどほかの予定もいくつか入れたので、都会に来たこと自体は無駄にはしないようにキュリー式に計画(?)してあったのでありました。

しかし、そこまで身構えられると,逆に期待に応えて怒った方がよいのか?などとよけいなことを考えてしまいます。
期待に弱い私。
「い〜よ、い〜よ,気にしないで〜」とまでも言う気はしなかったので、私が取った道は、「しばらく黙る」、そしてそのあと「事務的に、もう一つのレンズが来たら連絡お待ちしております,と言って去る」、でありました。

by kubokiriko | 2014-05-21 05:15  

<< ユーロビジョン・コンテスト2014 街頭募金 >>