日本の映画館

お暑うございます。

先日渋谷にて、『バケモノの子』を見ました。
映画自体大変面白かったのですが、それ以上に感動したのが、映画終了時、クレジットが終わるまで灯りがつかないこと。
そして、話が終わった時点で帰られる方もいますが、大多数はクレジットロールが終わるまで席を立たないこと。

日本では当たり前かもしれませんが、イギリスでは話が終わるとすぐ灯りがつき、大多数が席を立ちます。
クレジットをしっかり読みたい人にとっては、席を立つ人は邪魔
彼奴ら、ゆっくり時間をかけ、全くすまなそうなそぶりも見せません。
非常に頭にきます。

日本万歳。日本てすてき。

by kubokiriko | 2015-08-12 23:29  

<< 今更ですが 日本の夏 >>