2015年 12月 29日 ( 1 )

 

料理男子

夫と息子が一緒に週一で料理を作ってくれるという時期がしばらくあったものの、いつの間にか消えてしまって寂しく思っていたのですが、なんと息子が最近料理に目覚めました!まさに覚醒。
12月に入って私が料理をしたのは息子が出かけていないときだけ。
何でもナッツを入れるチャレンジャーな料理も作ったりしましたが、レシピをチェックしてきちんと作ったりもしています。
結構美味しいのですが、時々野菜っけが足りなかったりします。
じゃがいもは炭水化物だから野菜を入れてと言ったときに野菜に数えないでくれ。
と、いろいろありますが、もちろん母は大歓迎。
どうやら受験勉強の合間の息抜きにテレビやpcを見るよりも料理をする方が気分転換になる、ということらしいのですが。

買い物も一緒についてくるようになって、「あ、これか買おうよ〜」と提案すると、「ぼく、それを作らない。だめ。むだ」
一週間に一度大きな買い物をスーパーでするので、何を作るかだいたいのメニューを作って,それに従ってリストを作ります。
我が息子、無駄が嫌いであります。
大変いいことなのですが、難は人に自分の作った物の始末を押し付けること。
お腹いっぱいなのに無駄だから全部食べろと無理強いして父親を怒らせたりしてます。
自分で作った物は自分で責任とってくれ。
私はそうしてます。
余ったら自分の翌日のお昼に回すとか。
「君が明日のお昼に食べれば?」と言うと,「ぼくは食べない」
頭来ません??
そして、キッチンを乗っ取られた一抹の寂しさも。キッチンの指揮権は息子に移ってしまったようで、嫁に台所を乗っ取られた姑ってこんな気持ち??

まあ、大学に入って一人暮らしすれば,役に立つことこの上無し。
それにこのブームも長く続く物ではありません。
息子が大学に入ってしまえば(入れれば)、キッチンはまた私の物になります。
あ、気分転換の料理もいいけど本筋の勉強もがんばってもらわねば。
[PR]

by kubokiriko | 2015-12-29 19:09